バリアフリーを念頭に置いた福祉

福祉は、社会において重要な概念のひとつです。誰もが住みやすく過ごしやすいバリアフリーのまちづくりを行うことこそは、公共の利益を守ることに繋がります。住んでいる人が穏やか心で暮らせるよう、細かい気配りが大切となっていくのです。たとえば、道の段差をなくすことなどは大事です。しかしそれが行き当たりばったりの対処であってはなりません。駅にスロープはつけたはいいが、階段は旧来のままということになれば、車椅子の方は使えないということになります。きちんと利用する人の身になって考えることこそが、真のバリアフリーです。小さな心遣いを重ねて、素晴らしい福祉のまちにしていきましょう。

福祉で耳にするバリアフリー

バリアフリーは福祉の現場でよく耳にする言葉です。バリアというのは、邪魔をするものという意味であり、フリーには邪魔なものをなくすという意味があります。車いすで生活している人にとっては段差や階段があると前に進むことが出来ません。その様な場所にスロープやエレベーターが設置してあれば車いすの人でも前に進むことができます。高齢者や目・耳が不自由な人にとっては、小さな文字や小さな音を判別するのは難しいことです。大きな文字で表示する機能や、音声調節ができる機能があれば高齢者や障害者でも利用することが可能です。福祉の現場では常に利用者目線に立ってバリアフリーのサービスを提供するようにしています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 福祉機器を用いた工夫とは All rights reserved