福祉制度を使ってバリアフリーに

高齢者がいて自宅をバリアフリーにしたい場合、介護保険であったり市の福祉事業でバリアフリーにすることが可能です。今の福祉はなるべく自宅で過ごすことができるようにするという考えのもと、改修工事に対する補助金がしっかりと設けられています。改修工事は廊下やトイレに手すりを取り付けるといったことから、ドアを引き戸にする、和式トイレを洋式トイレに変更するといったちょっとした工事から大がかりな工事まで対象とされています。ただし、それぞれ利用できる回数や金額は細かく定められているため、ケアマネジャーや市の職員に確認が必要です。

バリアフリーのある街づくり

福祉の街づくりとして、様々な場所でバリアフリーを用いた工夫がされています。例えば道路を渡る時に段差や階段があると、それだけで障害者や高齢者にとっては不便です。それをスロープがついている歩道橋やエレベーターを設置することで、皆が安全に道路を渡ることが出来ます。また、道には点字ブロックや側溝の蓋の穴を小さくしたりしています。滑ったりしない水溜まりが出来ないように工夫されています。横断歩道では音による案内アナウンス、スーパーなどに多い障車椅子の貸し出し、障害者用駐車場や多機能トイレを設備していることも福祉のひとつです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 福祉機器を用いた工夫とは All rights reserved