バリアフリー化が図れる機器

福祉用具には様々なものがあります。ここではバリアフリー化が図れる福祉機器についてご紹介しましょう。上がり框などの段差を解消するための段差解消器がそのひとつです。車いす生活の方にとって、自宅の中では車いすが利用できる環境であっても、家の外に出るのは難しいものです。玄関の上がり框や道路までのちょっとした石段など、日本の住宅環境は高齢者や障害のある方などには過ごしにくく作られているからです。段差解消器は、車いすに乗ったまま使うことができます。介護保険のレンタル対象なので、保険が適用されて使うことができます。興味がおありの方は、担当のケアマネジャーさんにご相談ください。

バリアフリーの意味合いと実現

もともと建築用語で障壁・邪魔になるものを予め取り除いて置くという意味で使われていたバリアフリーは、近年になって福祉の分野においてより広い意味合いで使われています。端的な定義としては、生活における物理・文化・情報・意識といったあらゆる障壁を取り除くと共にその状況を持続させ、誰にでも住み良い社会を実現するという意味になります。こうしたバリアフリーの実現に向けては、建物の建設・街づくりの企画といった段階から、あらゆる側面に対応出来るように法・制度を連携させて行く必要があります。その為、福祉行政の一環として急速な制度の見直し・制定が進んでいます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 福祉機器を用いた工夫とは All rights reserved